7月20日に、佐井村の各港で行われる、海の記念日の行事。
港がある地区では、それぞれ海上の安全を守る神様が祭られています。
佐井、矢越を経て、11時30分過ぎ、磯谷に到着しました。
磯谷地区には、寺があり、弁天様のご神体はそちらにあるようです。
ちょうど、ご祈祷をしているところでした。
ご祈祷のあとは、神楽が奉納されます。
DSC00430.JPG
磯谷の祭礼に出席している男たちは、スーツか浴衣でそろっていて、
見栄えが良いです。
神楽を振ったり、お囃子を演奏する人たちは、浴衣。
漁師総代などの偉い人たちは、スーツです。


外でお囃子が演奏され、寺の中で神楽が舞っています。
DSC00433.JPG
磯谷では、この寺で大事な儀式があります。
それは、この後の海上運航で、弁天様のご神体を乗せる船を決めるものです。
近くで見ることができなかったのですが、
お札を引いて選ぶらしく、それは当番とかではなくて、完全に運しだいなんだそうです。
この日、当たったのは「神漁丸」
以前もあたったことがあるらしく、外で見ていた人たちからは、またか凄いな、とか、持ってるな、とかいう声が上がっていました。
寺を後にして、神楽を露払いとして、ご神体は海辺の高台にある弁天堂に向かいます。
そして、そこでまたご祈祷、神楽があります。
IMGP4974.JPG
小さなお堂ながら、大漁旗や提灯、のぼりなど、周辺がみごとに飾り付けられており、
大変、絵になるなあ、と感心しました。
そして、いよいよ海上運航です。
磯谷の海上運航の写真は、2枚載せておきますね。
DSC00439.JPG
IMGP4996.JPG
磯谷沖にある、灯台がある無人島「大魚(オヨ)島」。
大漁旗を掲げた10艘以上の船団。
とても、絵になります。
本当に、これは誇っていいお祭りだと、思いました。