7月20日は、海の記念日で、各漁港でおまつり。
それぞれの地区に、弁天様が祀ってある神社があって、それぞれの地区で祭典が行われます。
佐井村の最南端、牛滝地区でも、弁天様が祀られた神社が港にあります。
普段は閉まっているため、牛滝に遊びに行ったことがあっても、気づいていない人がいるかもしれません。
uminohi-u (1).jpg
海の記念日の行事は、各漁港で、神楽を奉納し、大漁旗で飾り付けた船が海上パレードを行うというのは、すべて共通しています。
でも、やはりそれぞれの地区ごとの色があって面白いですよね。
別の記事で紹介した磯谷地区は、全員が浴衣で、厳かに行われます。
一方こちらは、地区の方々がみんなでわいわいと楽しむという感じがします。


牛滝地区には、牛滝神明宮という神社があって、そこでのお祭りは、男性ばかり、正装で集まって行われますが、この海の記念日は、男女も年齢も隔てなく、みなさんで参加してとてもにぎやかな感じがします。
早朝は小雨模様でしたが、9時過ぎには雨も上がりました。
だんだんと、神社に供える御神酒を持った人たちが集まり始めます。
神楽を振る「若者組」の人たちが漁船にコンパネを敷いて準備したり、
子どもたちが、これから始まるよということを告げる更新を行ったり、
そんないろいろな準備をして、海上パレードが始まりました。
uminohi-u (2).jpg
海上では、神楽の奉納などの祈祷を行って、それから、子どもたちによるヒラメの放流を行います。
そのあと、仏ヶ浦周辺まで船は進み、牛滝漁港に帰ります。
ちょっと波があって、短い時間で終わりましたが、やはり仏ヶ浦沖を何艘もの漁船が進むのは、見事です。
陸に戻ると、今度は神社で神楽を奉納します。
uminohi-u (3).jpg
uminohi-u (4).jpg
神楽のあと、小中学生による踊りなどがあって、大漁祈願だけでなく、地域の行事として、みんなで盛り上がります。
最後は、若者たち主催のビンゴ大会。
人によっては、「これがメイン」という恒例のビンゴ大会です。
uminohi-u (5).jpg
大人もこどもも盛り上がるようすを見ていると、相変わらずのこの牛滝地区の活力を感じました。