歴史・文化

仏ヶ浦まつり お地蔵様にお祈りを

投稿日:

7月24日には、仏ヶ浦のお地蔵様のまつりがおこなわれます。
普段は閉じられている地蔵堂の本尊が御開帳となるほか、
牛滝地区の年長の女性たちが大きな数珠を回しながら念仏を唱える念仏講が行われます。
hotokegauram (1).jpg
昔はもっとたくさんの人が集まって行われていたとのことですが、
現在は仏ヶ浦に近い牛滝地区の祭りという形になっています。


仏ヶ浦のお地蔵様は、冬の荒波の影響で流されたこともあるそうですが、
そのたびに仏ヶ浦に戻ってきた、不思議なお地蔵様です。
hotokegauram (2).jpg
地蔵堂の中には、着物などが納めされています。
これは、恐山と同じように、亡くなった方への供養としてお供えされているようです。
地元の信仰というよりも、遠方からお越しの方がお供えされることが多いようで、
最近では減ってきたとのことです。
hotokegauram (3).jpg
念仏講は、大きな数珠「百万遍の数珠」を回しながら、念仏を唱えます。
地蔵堂の他にも、お地蔵様がいらっしゃる場所が、仏ヶ浦の中に何か所かあるので、そこでのお祈りをします。
hotokegauram (4).jpg
偶然訪れたという、東京の雑誌編集者の方も、神秘的な雰囲気に感動していらっしゃいました。
南無釈迦牟尼仏。



-歴史・文化

執筆者:

関連記事

no image

鬼は実在したか 青森ねぶた祭り

2016年8月、有名な青森市のねぶた祭りで、青森菱友会さんのねぶたとして、佐井村の箭根森(やのねもり)八幡の鬼伝説をもとにしたねぶたが作られ、祭りがにぎわいました。 今回は、その伝説の紹介と、 実際に …

no image

牛滝の「おこもり」に雲丹もいっしょ!(前編)

佐井村のいちばん南にある集落、牛滝地区では、 毎年、「おこもり」と呼ばれるお祭りが行われます。 漁業の村である佐井村では、大漁や海上安全・無病息災を願うお祭りが多く残っていますが、 「おこもり」もその …

no image

箭根森八幡宮例祭 太鼓をたたくということ

9月14日~16日に行われた箭根森(やのねもり)八幡宮の例祭。 今年は、土用干しという形態で、お宮の行列がない形で行われて、 いろんなことがまあ、ありました。 ありましたが、なぜか、僕の筆というか、別 …

no image

春は歌舞伎 矢越地区の春祭り芸能発表会

春は歌舞伎、っていうのはなぜかよく知りませんが、とりあえず、佐井村ではそういうようです(?) 矢越地区は、八幡宮の春祭りが毎年3月10日にあります。 祭りに合わせて、地区の伝統芸能などを集めて芸能発表 …

no image

郷土芸能交流に向けた意見交換会が実施されました

2017年3月22日、津軽海峡をまたいだ郷土芸能の交流についての意見交換会が、青森県庁で行われました。 言い出したのは、青函交流に力を入れている江差町のMさん。 形的には、いちばん規模が小さい佐井村が …