自然

ここは名産地だから 名産「クマ」の話

投稿日:

命がけで仕事してます。
いや、まったくかけるつもりはないんですが、どうやったって畑の近くでクマが出るので、なんとなく恐いんですよね。
近くの茂みでかさっと音がした日には何が起こったのかと身構えざるを得ませんねえ。
タイトルなんですが、休憩のときに、いっしょにやっているおじいさんがいった言葉です。
「ここはクマの名産地なんだよ!」
とりあえず今のところ、全く得がないですねえ。
畑から200m、ハウスの横にはこんなものが設置されました。
DSC01373.JPG
これは


クマを捕まえるための罠ですね。
別角度から。
DSC01374.JPG
ドラム缶を基礎としたものです。
何日も連続してクマがハウスに侵入したらしく、設置されました。
ちょうどお盆に侵入されたので、なかなか打つ手がなかったそうです。
ハウスでは、試験栽培していたいちごが倒されたみたいです。
DSC01372.JPG
まあ、自分はクマに恨みはないので、とりあえず対策して、被害とかがなければいいんですが。
この近所の犬も怪我をさせられたようだし、なかなか折り合いが難しいものです。
畑を更に奥に、山に上がっていったら鉄塔(送電線のかな?)があるそうで、
その上から見ると、クマが5頭くらい見れるそうですね。
クマウォッチングでひともうけできませんかねえ。
命かけてると言ってる割には実にのんきでしょう。



-自然

執筆者:

関連記事

no image

青と白と緑の仏ヶ浦 夏の表情を見る

下北半島の名勝、佐井村・仏ヶ浦。 奇岩が並ぶ岩々は、四季折々にさまざまな表情を見せてくれます。 私は、自称「冬専門ガイド」で、冬は何度も仏ヶ浦に行くのですが、4月の観光シーズンになると、船会社のみなさ …

no image

下北半島のサル冬季調査そして申年は終わる

毎年、12月下旬のおよそ1週間、下北ではサルの冬季調査が行われます。 佐井村には、大学生10~20人、毎年来ている研究者の方、村内からは自分含め4人ほどがサルを調査します。 20年以上継続されている調 …

no image

はるのたより

弘前やむつのほうで桜のニュースが出始めても、まだ咲かず、 少ししてから、佐井の桜が咲き始めます。 少し遅いんですね。 ほかにも春の風景を少し。

no image

山奥に隠されたサル対策設備を見る冒険

下北半島は、ニホンザルの生息の北限です。 むつ市脇野沢には、サルを保護した公園があってよく知られていますが、佐井村にもたくさんサルがいます。 そんなサルの話です。でもサルの写真はありません。ご注意。 …

no image

佐井村の美しい夕陽を求めて

佐井村夕陽フォトコンテストの結果発表にこぎつけました。 http://saikanko.sakura.ne.jp/aoiwa/photocon2015result.html 2015年に募集した作品の …