漁業

最果ての漁業にチャンスがある

投稿日:

佐井村で、漁業後継者を探す事業が始まりました。
漁業への就業希望者に対し、技術指導や研修期間の生活費などを補助する事業。
その名も「漁師縁組事業」です。(初回募集 2016年3月11日まで)
http://www.sai.e-shimokita.jp/gyousei/osirase_a.html?id=192
佐井村では、漁師の後継者が不足し、高齢化が進み、あと数年もすればそれぞれの事業が立ち行かなくなるのでは、という漁師が多数います。
しかし、長年の経験を積んで技術があり、継承しないのはもったいない。
そのため、外部から漁師になりたい、という方を募集し、「養子縁組」ではないですが、弟子になってもらって技術を学び、独立してもらうというのが「漁師縁組」の事業です。
漁業といっても、さまざまな形態があります。
ryo (1).jpg
佐井村の漁業は、多岐にわたります。


最初にちょっと大変そうな画像を載せてみましたが、確かに大変なんです。
朝は早いですし、もちろん寒いし、濡れるし、危険と隣り合わせだし。
上の写真は、春の「刺し網」の網おこし(網から魚をとる)作業です。
漁師のおこぼれを狙って、海鳥が大挙して押し寄せています。
佐井の漁業は、刺し網や小型定置網などの小型の網漁業、一本釣りやはえ縄などの釣り、ウニやアワビ、ナマコその他海藻を採取する採介藻漁業などがあります。
大規模な底引き網漁業や巻き網漁業はありません。仕事場も港から近い場所が中心で、船に泊まるようなことはありません。
ryo (2).jpg
これは漁師がウニを食えと渡してくれているところ。
新鮮な海の幸は食べ放題です。
漁師はとにかく舌が肥えていて、魚の細かい味にうるさいです。
ryo (4).jpg
上の写真はモズクのごみ(一緒にとれてしまう他の海藻や砂利)そうじ。
細かい仕事もあります。
漁師の魅力は、最初はもちろん先輩の教えを聞かなければなりませんが、
独立できれば、いち経営者になれる、ということがいいのだそうです。
自分の頑張りで売り上げは伸ばせます。
魚価の低迷や消費者の魚離れなど、漁業を取り巻く環境は大変厳しいですが、
ピンチはチャンスともいえます。
特に、佐井村は、高齢化も激しいことから、漁師たちも危機感が高まっており、
決して排他的ではなく、何とかしようという気概があふれています。
私としては、この点が佐井村の漁師縁組事業で一番おすすめできるポイントだと思います。
佐井村ではチャレンジ精神あふれる方をお待ちしています。
http://www.sai.e-shimokita.jp/gyousei/osirase_a.html?id=192



-漁業

執筆者:

関連記事

no image

海の記念日にヒラメの放流事業

青森県の魚といえば? 県の花はりんごの花、県の木はヒバ。この辺は割と知っている人も多いんですが。 青森県の魚は、「ヒラメ」です。 青森県はヒラメの漁獲量が日本一で、県の魚にもヒラメを指定しています。 …

no image

佐井村ふるさと納税が「漁業振興」につながっています

最近なにかと話題の「ふるさと納税」 佐井村にも、昨年は300人近くの方に納税していただきました。 いろいろな返礼品がもらえたり、実質的な節税になるという側面が注目されがちですが、 原点は、その自治体を …

漁師の村の「海の記念日行事」2018 長後地区

毎年7月20日は、「海の記念日」 以前は、海の日の祝日にもなっていましたが、祝日は月曜日に移動しましたね。それでも、漁師たちは、20日に記念日の行事を行います。 佐井村には7つの漁港があり、今回は、長 …

no image

わかめの生育状況確認!

佐井村ではわかめの養殖を行っています。 そして、「わかめオーナー制度」も設けられており、 どなたでも、養殖わかめのオーナーになることができます。 http://saikanko.sakura.ne.j …

no image

産直で謎の海藻【ソナ】を発見

佐井村には「手づくりマート」という産地直売所があります。 冬の間は、野菜が少ないので、どうしても並んでいるものもさみしげですが、 ふらりと立ち寄ると、意外な発見もあるものです。 2月のある日、ふらりと …