農業

今年もアピオス栽培をやってます

投稿日:

私のアピオスの栽培も今年で3年目になりました。
4月中旬から5月末まで、とにかく畑でずっと作業していた気がします。
とにかく、誤算だったのは、一緒にやっているおじいさんが体調不良ということでした・・・
とりあえず、写真はアピオスの芽を出す、芽出しの作業の様子です。
02.jpg
写真だけ見ると、いい感じだなあ。


一緒にやっている方が体調不良でできないということで、
予定より大幅に多い面積の畑を受け持つことになってしまいました。
機械をかけたりとか、そういう作業もなかなか大変だし、
マルチ張りや植え付けも、どうするんだというところで、
ひたすら失敗を繰り返しました。
機械はハンドル折れるし、
マルチ張りは失敗しすぎて数万円捨てた感じか?
植え付けも種イモが足りないと騒いでましたしね。
03.jpg
かろうじて植え付けが終わって、ちょっとだけ出た芽が、希望を示しています。
01.jpg
6月中旬になると、葉っぱも出始めます。こうなると、何とか育つのかなと思います。
私を抜くと、村の栽培者の平均年齢が70を超えてしまって、どうなってしまうの、という感じがすごくするのですが。
とにかく、終わりが見たいんですよ。その形が、望むものか望まないものかにかかわらずね。



-農業

執筆者:

関連記事

no image

耕作放棄地を再生せる?

タイトルは思わせぶりですが、自分に深い意味がないのはいつものこと。 畑仕事の話です。 数か月分をまとめてお届けします。 1月のことです。 今年は、アピオスの畑を、一緒にやろう。 このように声をかけてい …

no image

「アピオス」っていうすごいイモを育てよう

佐井村は、広く海に面していて、主な産業は漁業です。 農業は、ほとんど自家消費で、「産業としてはない」状態です。(村の資料にもはっきりと書いてあります) そんな佐井村で、注目を集めている作物が「アピオス …

no image

アピオス畑!耕作放棄地だったとわからない

アピオス畑の記事の2回目です。前回↓ 前回のアピオス畑の記事 カヤと低木を片付けて、重機も入っていたところまででした。 ひたすら木の根を捨てる作業を終えて、トラクターが入れるようになったところで、 何 …

no image

毎年繰り返されるただの草取りの話(アピオス)

アピオスの栽培をやっています。今年は去年より広く。 とにかく繰り返される作業はただの草取りです。 一心不乱に草を取る行為は、自分を無心にさせ、大変気持ちのよい作業 ・・・ だと思ったら大間違いです。 …

no image

咲き始めたアピオスの花と、ただの草取りの話

アピオスの栽培作業は地道に続いています。 農家の定義は面積と売上だそうですね。 今年は担当面積も縮小して、売り上げはもちろん今のところ微々たるものなので、あらゆる意味で農家の枠から外れてしまって、定義 …