7月20日は、「海の記念日」
祝日の海の日は月曜日になりましたが、佐井村では変わらず20日に行事が行われます。
佐井村の7つの漁港で、それぞれに大漁祈願、海上安全を祈願する行事です。





今年は、原田地区と磯谷地区を訪問!
原田地区には、海岸の岩場に恵比須様を祀る神社があって、ここで大漁を祈願します。

佐井村のほとんどの地区では、弁天様が祀ってあるのですが、原田地区だけ恵比須様。
なんで?というのは、とりあえず今回聞いてもわからなかったのですが・・・
朝、恵比須様に神楽が奉納されて、昼前に海上パレード。

今回、神楽の時間には間に合わなくて行けませんでした。
漁港での海上パレードに合流。

原田地区は、大きな定置網などはなく、刺し網やウニ漁が中心で、漁師の数も少ないので、
漁船も多くありません。
また、兼業の漁師も多いので、今回パレードに出るのは4艘ほど。ちょっと寂しいです。

ゆっくり恵比須様の前の沖を回って、沖で御札を海に入れます。
大漁祈願、海上安全祈願の御札で、神社でご祈祷してもらったものを、漁師が海に入れます。

まずは清めの塩を海に。

そして、御神酒を海に。

最後に御札を。
神の御札をただ入れても浮いてしまいますから、
御札は石に括り付けられていて、ちゃんと海の底に届くようになっています。

「このあたりでウニ採りをすると大漁間違いねえべなあ」
「いやいや、ここは深えして無理だべさ」
なんて会話しながら御札が海に入ります。

この後、しばし、船を止めて、みんなで休憩。
海の上で、釣り談義や漁業話に花が咲きます。
規模は小さいですが海の安全を祈る、いいお祭りです。

―――――――――――――――
陸に戻り、これから祝賀会が行われる原田地区を後にして、車で25分、磯谷地区へ。
磯谷地区は、毎年行っています。
他の地区とは違い、浴衣で揃え、船も立派な動力船がそろった磯谷地区は見事です。
最後に動画をどうぞ。

磯谷には、行かずにいられないなあ。