自然

冬の仏ヶ浦へ この景色を見たのは3人だけでした

投稿日:

日本中が最強クラスの大寒波に包まれた1月24日、
ガイドで仏ヶ浦に行ってきました!
2人のお客様をご案内。

他に誰もいない、荒波の仏ヶ浦。
少し雪の積もった、美しい岩。
説明に忙しくて、自分ではあまり写真を撮れませんでしたが、
ガイドの自分とお客様の2人、この景色を見たのは3人だけです。




つるっつるの階段を降りるのはやたら怖かったです。

でも事故なく帰ってこれたからよかったでしょう。
潮が満ちていたので、帆掛岩のほうには行けませんでした。

そして仏ヶ浦から戻ってきて、仏ヶ浦ドライブインで冬の仏ヶ浦定食。
旬のタラを中心に、新鮮な海の幸を提供してくださいます。
食堂は本当は冬休みなのに、このために開けてくださるのです。感謝!

偶然網にかかったっていうイワシが美味かったよ!
タラももちろんおいしかったです。
2月までガイドやってます!




-自然

執筆者:

関連記事

no image

山奥に隠されたサル対策設備を見る冒険

下北半島は、ニホンザルの生息の北限です。 むつ市脇野沢には、サルを保護した公園があってよく知られていますが、佐井村にもたくさんサルがいます。 そんなサルの話です。でもサルの写真はありません。ご注意。 …

no image

ここは名産地だから 名産「クマ」の話

命がけで仕事してます。 いや、まったくかけるつもりはないんですが、どうやったって畑の近くでクマが出るので、なんとなく恐いんですよね。 近くの茂みでかさっと音がした日には何が起こったのかと身構えざるを得 …

no image

高くはないが見事な山「縫道石山」

佐井村の福浦地区から山を見ると、ひときわ目立つ、山頂部分が岩になっている山があります。 縫道石山です。 標高626mと、スカイツリーより低いのですが、姿も見事で、珍しい植物もあって、皆に愛されています …

no image

下北半島のサル冬季調査そして申年は終わる

毎年、12月下旬のおよそ1週間、下北ではサルの冬季調査が行われます。 佐井村には、大学生10~20人、毎年来ている研究者の方、村内からは自分含め4人ほどがサルを調査します。 20年以上継続されている調 …

no image

深い霧の立ち込める本州最北端をはしる

7月の初旬のある日ですが、深い霧がたちこめました。 霧が出るのは下北の北部ではよくあります。特にちょっと標高が高いところ、高いといっても海から100メートルかそこらなんですが、霧が濃くなります。 また …