農業

佐井村ケビンハウスの隠されたみどころ原木しいたけ

投稿日:

佐井村の奇勝・願掛岩の近くにある宿泊施設、ケビンハウス。
キャンプ、バーベキュー、夕陽鑑賞、恋愛成就の願掛けなど、たくさんのみどころがある施設ですが、
あまりメジャーでない楽しみがひとつ。
それが、原木しいたけです。

IMG00095.jpg

季節は実は終わってしまったのですが・・・


季節が終わったということで、最後に少し残って余っているものを、いただくことができました。
しかも、原木しいたけです。
僕は全くシイタケ業界は詳しくないですが、基本的にはしいたけは菌床での栽培。
ケビンハウスで栽培しているNPO法人ゆいっ子くらぶの方によると、やはり原木だと味わいが違うそうです。

IMG00097.jpg

ケビンハウスの原木しいたけは、サル除けのネットに囲まれて育てられています。
佐井村は海が近く、どこも潮風の影響を受けて農業に不利な地形ですが、
ここは標高が高いせいか、なんとか栽培ができているそうです。
季節は、初夏~秋にかけて。食べてみたい場合には、ケビンハウスに宿泊して、譲っていただけるかを管理棟に相談してみるしかありません。
しかし、量は非常に少ないので、運しだいかもしれませんね。

IMG_1984.jpg

いただいたしいたけを、2つは焼いて、あと一つ吸い物に入れていただきました。
正直、頻繁にしいたけを食べる家庭ではないので、違いはどうということはできないのですが、
確かに旨みが凝縮されており、おいしいです。
特に、吸い物は、時間を置くと大変いい出汁が出て、本当に美味でした。
また来年ですが、豊作になるといいな!



-農業

執筆者:

関連記事

no image

謎の粉を使って アピオス料理講習会

栄養豊富で注目されているイモ「アピオス」 佐井村の特産品として売り出そうと、さまざまな取り組みを行っています。 その一環として、料理教室が行われました。 佐井村の食生活改善グループと、アピオス栽培農家 …

no image

今年もアピオス栽培をはじめました

昨年、50年前の畑(?!)を再開墾して始まった畑。 アピオス栽培は、まあ、頑張ったけどいまいちの収量、という感じでした。 でも、今年もがんばりましょう、ということで、5月の連休明けからスタート。 土地 …

no image

今年から新しい「海側圃場」運営! アピオスを人目につけるのだ!

アピオス畑は、花が咲く時期のはずなんですが、7月末、まだ咲かない。 ちょっと遅いか?心配になってきますね。 今年は新しい畑を借りてやっています。毎年、新しい畑を借りているので、同じような作業量にならず …

no image

「サルに食べられる体験失敗」

下北半島は、天然記念物の北限のニホンザルが生息しています。 しかし、このサルは、貴重なものであると同時に、人間にとっては農作物を荒らす害獣でもあります。 佐井村には600頭以上のサルが生息しており、年 …

no image

やっと市場に出てきた!下北のアピオス

下北半島全体で特産品化を進めているイモ「アピオス」 下北の中でも、佐井村が最大の産地です。 11月に収穫をして、 (収穫作業の時の記事) 1月には洗って、選別して (洗って選別作業した時の記事) 3月 …