佐井村の牛滝地区で、大漁と無病息災を祈って行われるお祭り「おこもり」。
その模様のレポート、後編です。
(前編は こちら )
一番膳が終わって、次は、二番膳が始まります。
「二番膳に参加される方は手を上げてくださいー」
と声がかかると、先ほど給仕をしていた若者たちが声を上げます。
そして、神様の前に円を描くように並んで座り、配膳されるのを待ちます。
先ほどと同じように、お神酒が配られ、そのあと、お膳が配られます。
IMGP3421.JPG
今回は、隣の雲丹のにせものも参加するようです。
もちろん、神聖な行事ですので、ふざけて参加することは許されませんが、
にせものの人も、ふざけてこの格好をしているわけではなく、
まじめに村の活性化を考えてやっています。
(この服、薄いのでメチャクチャ寒いらしいですよ!!)
今回は特別に牛滝のみなさんにも認めていただきました。ありがとうございます。


IMGP3422.JPG
さあ、お膳が配られました。
IMGP3423.JPG
「それでは箸をお取りください」
「めしーーっ、めしーーっ!!!!」
「しるーーー、しるーーっ!!!!」

IMGP3426.JPG
にせものの人も、最初は余裕でおかわりしています。
そして、他に参加している牛滝の若者たちは、
慣れていることもあって、勢いをましておかわりします。
「めしーーっ、めしーーっ!!!!」
「しるーーー、しるーーっ!!!!」

「たくあーーーーーーーーーーーーーーーーん!!」
たまにたくあんのおかわりも入ります。
実は僕はにせものの人の隣で参加しながら写真を撮っているので、
写真に気を取られていると、知らぬうちに勝手にご飯が増えているので、
まったく油断できません。
IMGP3432.JPG
だんだんにせものの人も苦しくなってまいりました。
慣れている地元の方々はいいところで終わりますが、
初めての参加なので、ぎりぎりまで粘ります。
もちろん、ご飯は大切なものですので、残してはいけません。
なんとか完食!
IMGP3434.JPG
最後に、お茶が配られるので、いただきます。
それにしても、勢いよく食べたせいで、すこし口の中を噛んでしまい、
熱いお茶がちょっとしみます。
二番膳が終わったら、最後は三番膳。
こちらは、ここまでお世話をしていた女性陣が参加して行われます。
IMGP3437.JPG
「めしー、めしー」
と、少し掛け声はかかりますが、
こちらはゆっくりと、味わいながらという雰囲気も出しつつ、行われます。
三番膳まで終わると、食事は終わりとなり、
あとはゆっくりとお酒をのむもの、家路に着くものとさまざまです。
おこもりの当番になっている方々は、朝までこの神社にこもって、お祈りをするのだそうです。
さて、今年も無事に終わったおこもりでした。
ぜひ、事故がなく、大漁の年であってほしいものです。
田舎の伝統行事というと、一般のイメージとしては、
なかなか若者が参加せず、危機的であるという感じがします。
でも、牛滝は、このおこもりにしても、春に行われる祭りにしても、
若者が元気いっぱいに参加、そして、年配のみなさんも負けじと元気です。
これからも、元気な牛滝であり続けてほしいものです。