漁業

わかめの生育状況確認!

投稿日:

佐井村ではわかめの養殖を行っています。
そして、「わかめオーナー制度」も設けられており、
どなたでも、養殖わかめのオーナーになることができます。
http://saikanko.sakura.ne.jp/aoiwa/wakameo.html
この養殖わかめの生育状況を確認に行きました。
さあ、覚悟を決めていきましょう!
IMGP3464.jpg


なぜ「覚悟を決めて」なのかというと・・・
僕が船酔いするというだけですが(笑)
わかめの養殖は、佐井港の沖、
陸地に近い場所で行われているので、数分で到着します。
IMGP3474.jpg
ちょっとわかりにくいですが、
水面に丸い「浮き」が見えるでしょうか。
これが、わかめの養殖器で、この下に種のついたロープが沈んでいます。
IMGP3459.jpg
確認のために少し漁師さんに引き上げてもらいました。
カメラマンがふらついているので、「大丈夫か」と言われています(笑)
この時、種付けをしてから1か月~2か月が経過していました。
順調に生育しているようです。
1か月のものは、
IMG_0305.jpg
こんな感じです。まだ芽が出始めたという感じがします。
で、2か月のものですが、
IMG_0295.jpg
こんな感じで、立派に生育しています。
まだまだ3割程度と言われていたので、これから3倍以上に大きくなるようです。
2月~3月に海が荒れると、場合によってはわかめがロープから落ちてしまうこともあるとのこと。
まだまだ気は抜けないですが、大きく育ってほしいものです。
この日は波はとてもおだやかだったのですが、
船に弱い僕はだめでした。
最後の方は顔色が悪かったようです。
しかし何とか陸に帰ってくることができて、めでたしめでたし。



-漁業

執筆者:

関連記事

no image

活〆神経抜きの講習会

魚〆師とは何か、というのがテーマです。 ちょっと時間が経ってしまいましたが、2014年6月18日、佐井村漁協で、活〆神経抜き講習会が行われました。 「活〆神経抜き」とは、魚の処理方法のことです。 ごく …

no image

青森県はヒラメ県!

5月後半~7月上旬の魚といえば、「ヒラメ」です。 というと、「え、ヒラメって冬じゃないの」とびっくりするんだそうです。 冬のヒラメは、寒ビラメと言って、脂がのっておいしいと言われますが、 津軽海峡では …

no image

佐井村ふるさと納税が「漁業振興」につながっています

最近なにかと話題の「ふるさと納税」 佐井村にも、昨年は300人近くの方に納税していただきました。 いろいろな返礼品がもらえたり、実質的な節税になるという側面が注目されがちですが、 原点は、その自治体を …

no image

御船玉様への大漁祈願 まず1月のタラ漁

1月となり、厳しい冬を迎えている佐井村。 年が変わって、今年は年明けに雪でなく雨が降った暖かい日もありましたが、数日経てば寒波が到来し、いつも通りの寒い冬を迎えています。 1月11日には、例年、「御船 …

no image

海の記念日 磯谷地区の大漁祈願行事へ

毎年7月20日に行われる、海の記念日の大漁祈願。 佐井村内7漁港すべてでそれぞれ行事が行われるので、取材するほうも大変なのですが(笑)、 7漁港の中でも、私が一番楽しみに取材しているのが、「磯谷地区」 …