漁業

わかめの収穫作業レポート!【前編】

投稿日:

平成26年3月29日土曜日、「佐井村弁天わかめオーナー」の収穫作業を行いました。
当日は絶好の曇天!
晴天じゃないのかよ、という話ですが、
あまり晴れると、水揚げしたわかめが乾いてしまうので、くもりがいいのです。
朝8時30分。漁師さんが港に集まります。
作業開始!
出現!わかめタワー!
IMG_3858.jpg
大きく育ったわかめが姿を現しました。


さらに水揚げが進みます。
IMG_3849.jpg
このわかめは、オーナーさんと漁師さんで、11月に種付けをしたもの。
半年で、かなり大きく育ちました。
10時30分になると、オーナーさんも集合して、
みんなでこのわかめを刈り取っていく作業を始めます。
まず、漁師の木下さんから、作業の説明。
IMG_3866.jpg
「安全に注意して、このへんから刈り取ってください」という説明がありました。
それから、わかめの刈り取り作業スタート!
DSC02223.jpg
なにしろ量があります。
200メートルのロープに種をつけて、それが十分に育っているので、
刈り取るのも大変です。
オーナーさんは親子連れで参加されていたり、
地元の小学生も参加したりして、
海の仕事を勉強してましたね。
作業の最後には、オーナーさんのお土産として、わかめとめかぶの詰め放題!
みなさん満足して帰っていただけたようで、よかったです。
DSC02229.jpg
昼食も、佐井の食べ物ということで、
ひじきご飯や、わかめと岩のりの和え物、アピオスなど、
地元の味覚を堪能していただきました。
収穫したわかめは、これから塩蔵加工して、5月にオーナーさんのところへお届けします。
そして、午後もいろいろありましたので、後編へ続きます!



-漁業

執筆者:

関連記事

no image

青森県はヒラメ県!

5月後半~7月上旬の魚といえば、「ヒラメ」です。 というと、「え、ヒラメって冬じゃないの」とびっくりするんだそうです。 冬のヒラメは、寒ビラメと言って、脂がのっておいしいと言われますが、 津軽海峡では …

no image

わかめの種付け作業!

今年2014年は、11月1日に、わかめオーナーの種付け作業を行いました。 わかめオーナー事業は、わかめのオーナーになってもらい、わかめを漁師と一緒に育てる事業。 種付け作業は、オーナーになっている方も …

no image

海の記念日 磯谷地区の大漁祈願行事へ

毎年7月20日に行われる、海の記念日の大漁祈願。 佐井村内7漁港すべてでそれぞれ行事が行われるので、取材するほうも大変なのですが(笑)、 7漁港の中でも、私が一番楽しみに取材しているのが、「磯谷地区」 …

no image

ウニと海藻を両立させる ウニの移殖事業

佐井村といえば、ウニ! ウニは海藻を主食としています。 津軽海峡のミネラル豊富な海で育ったおいしい海藻を食べているのが、ウニのおいしさの秘訣です。 しかし、ウニが多くいる場所では、海藻が食べつくされて …

no image

怪奇な姿でおなじみ「ホヤ」がでてきてます

海のものは、やはり年によって獲れるものに違いがあり、 去年はあまり獲れなかったけど今年はよく獲れるなあ、というものも多くあります。 今年、多く出回っているのはこれ。 5月11日にアルサスであった直売の …