自然

海の記念日行事 絵になる磯谷地区

投稿日:

7月20日に、佐井村の各港で行われる、海の記念日の行事。
港がある地区では、それぞれ海上の安全を守る神様が祭られています。
佐井、矢越を経て、11時30分過ぎ、磯谷に到着しました。
磯谷地区には、寺があり、弁天様のご神体はそちらにあるようです。
ちょうど、ご祈祷をしているところでした。
ご祈祷のあとは、神楽が奉納されます。
DSC00430.JPG
磯谷の祭礼に出席している男たちは、スーツか浴衣でそろっていて、
見栄えが良いです。
神楽を振ったり、お囃子を演奏する人たちは、浴衣。
漁師総代などの偉い人たちは、スーツです。


外でお囃子が演奏され、寺の中で神楽が舞っています。
DSC00433.JPG
磯谷では、この寺で大事な儀式があります。
それは、この後の海上運航で、弁天様のご神体を乗せる船を決めるものです。
近くで見ることができなかったのですが、
お札を引いて選ぶらしく、それは当番とかではなくて、完全に運しだいなんだそうです。
この日、当たったのは「神漁丸」
以前もあたったことがあるらしく、外で見ていた人たちからは、またか凄いな、とか、持ってるな、とかいう声が上がっていました。
寺を後にして、神楽を露払いとして、ご神体は海辺の高台にある弁天堂に向かいます。
そして、そこでまたご祈祷、神楽があります。
IMGP4974.JPG
小さなお堂ながら、大漁旗や提灯、のぼりなど、周辺がみごとに飾り付けられており、
大変、絵になるなあ、と感心しました。
そして、いよいよ海上運航です。
磯谷の海上運航の写真は、2枚載せておきますね。
DSC00439.JPG
IMGP4996.JPG
磯谷沖にある、灯台がある無人島「大魚(オヨ)島」。
大漁旗を掲げた10艘以上の船団。
とても、絵になります。
本当に、これは誇っていいお祭りだと、思いました。



-自然

執筆者:

関連記事

冬の仏ヶ浦へ この景色を見たのは3人だけでした

日本中が最強クラスの大寒波に包まれた1月24日、 ガイドで仏ヶ浦に行ってきました! 2人のお客様をご案内。 他に誰もいない、荒波の仏ヶ浦。 少し雪の積もった、美しい岩。 説明に忙しくて、自分ではあまり …

no image

仏ヶ浦に、思いっきり天気のいい日を狙って

くるくる巡って、佐井村の最大の景勝地、仏ヶ浦からお話を始めるよ。 こんなとこです。

no image

はるのたより

弘前やむつのほうで桜のニュースが出始めても、まだ咲かず、 少ししてから、佐井の桜が咲き始めます。 少し遅いんですね。 ほかにも春の風景を少し。

no image

下北半島のサル冬季調査そして申年は終わる

毎年、12月下旬のおよそ1週間、下北ではサルの冬季調査が行われます。 佐井村には、大学生10~20人、毎年来ている研究者の方、村内からは自分含め4人ほどがサルを調査します。 20年以上継続されている調 …

no image

高くはないが見事な山「縫道石山」

佐井村の福浦地区から山を見ると、ひときわ目立つ、山頂部分が岩になっている山があります。 縫道石山です。 標高626mと、スカイツリーより低いのですが、姿も見事で、珍しい植物もあって、皆に愛されています …