自然

冬の仏ヶ浦へ この景色を見たのは3人だけでした

投稿日:

日本中が最強クラスの大寒波に包まれた1月24日、
ガイドで仏ヶ浦に行ってきました!
2人のお客様をご案内。

他に誰もいない、荒波の仏ヶ浦。
少し雪の積もった、美しい岩。
説明に忙しくて、自分ではあまり写真を撮れませんでしたが、
ガイドの自分とお客様の2人、この景色を見たのは3人だけです。




つるっつるの階段を降りるのはやたら怖かったです。

でも事故なく帰ってこれたからよかったでしょう。
潮が満ちていたので、帆掛岩のほうには行けませんでした。

そして仏ヶ浦から戻ってきて、仏ヶ浦ドライブインで冬の仏ヶ浦定食。
旬のタラを中心に、新鮮な海の幸を提供してくださいます。
食堂は本当は冬休みなのに、このために開けてくださるのです。感謝!

偶然網にかかったっていうイワシが美味かったよ!
タラももちろんおいしかったです。
2月までガイドやってます!




-自然

執筆者:

関連記事

no image

サル調査に集まった人たちのパワーに感動

下北半島は、世界最北のサル生息地として、国の天然記念物に指定されています。 現在、下北半島全体で2400頭以上が生息しており、 貴重な野生動物として保護されると同時に、地域の農業に深刻な害を与える動物 …

no image

「夕陽はオヨ島灯台に灯をつける」

佐井村は、夕陽が美しい村ということで、 夕陽フォトコンテストなども行っています。 先日は、よく晴れたので、佐井村中心部から車で15分程度の磯谷地区まで、 夕陽を見に行きました。 夕陽の下に見えるのが、 …

no image

青と白と緑の仏ヶ浦 夏の表情を見る

下北半島の名勝、佐井村・仏ヶ浦。 奇岩が並ぶ岩々は、四季折々にさまざまな表情を見せてくれます。 私は、自称「冬専門ガイド」で、冬は何度も仏ヶ浦に行くのですが、4月の観光シーズンになると、船会社のみなさ …

no image

下北半島のサル冬季調査そして申年は終わる

毎年、12月下旬のおよそ1週間、下北ではサルの冬季調査が行われます。 佐井村には、大学生10~20人、毎年来ている研究者の方、村内からは自分含め4人ほどがサルを調査します。 20年以上継続されている調 …

no image

はるのたより

弘前やむつのほうで桜のニュースが出始めても、まだ咲かず、 少ししてから、佐井の桜が咲き始めます。 少し遅いんですね。 ほかにも春の風景を少し。