自然

「夕陽はオヨ島灯台に灯をつける」

投稿日:

佐井村は、夕陽が美しい村ということで、
夕陽フォトコンテストなども行っています。
先日は、よく晴れたので、佐井村中心部から車で15分程度の磯谷地区まで、
夕陽を見に行きました。

IMG_2463.jpg
夕陽の下に見えるのが、「オヨ島」です。


オヨ島は、漢字では「大魚島」と書きます。
大魚(オヨ)は、他の地方ではイシナギと呼ばれる大きな魚で、
昔はこの島の周りでたくさんとれたそうです。
今はオヨはすっかりとれなくなりましたが、年に1度とか2度、オヨがとれると、
脂がのった大きな魚に、大きな騒ぎになります。
オヨがとれなくなっても、オヨ島の周りは海流が早く、
夏場のタイなど、海釣りの重要スポットになっています。
釣りでなくても、こうして夕陽を眺めるのにも、
灯台のある小さな無人島のある風景は、絵になります。
IMG_2458.jpg
鳥も海を見つめているね。
IMG_2459.jpg
振り返るとこんな感じ。
磯谷の集落が夕陽に照らされて赤みを帯び、
また、頭上には月も輝き始めました。
IMG_2454.jpg
オヨ島と夕陽を見るなら、春。
佐井村には、願掛岩や仏ヶ浦など、夕陽スポットが多くありますが、
日が沈む角度は季節で変わります。
ぜひ、夕陽を見にお越しください。



-自然

執筆者:

関連記事

no image

深い霧の立ち込める本州最北端をはしる

7月の初旬のある日ですが、深い霧がたちこめました。 霧が出るのは下北の北部ではよくあります。特にちょっと標高が高いところ、高いといっても海から100メートルかそこらなんですが、霧が濃くなります。 また …

no image

山奥に隠されたサル対策設備を見る冒険

下北半島は、ニホンザルの生息の北限です。 むつ市脇野沢には、サルを保護した公園があってよく知られていますが、佐井村にもたくさんサルがいます。 そんなサルの話です。でもサルの写真はありません。ご注意。 …

冬の仏ヶ浦へ この景色を見たのは3人だけでした

日本中が最強クラスの大寒波に包まれた1月24日、 ガイドで仏ヶ浦に行ってきました! 2人のお客様をご案内。 他に誰もいない、荒波の仏ヶ浦。 少し雪の積もった、美しい岩。 説明に忙しくて、自分ではあまり …

no image

青と白と緑の仏ヶ浦 夏の表情を見る

下北半島の名勝、佐井村・仏ヶ浦。 奇岩が並ぶ岩々は、四季折々にさまざまな表情を見せてくれます。 私は、自称「冬専門ガイド」で、冬は何度も仏ヶ浦に行くのですが、4月の観光シーズンになると、船会社のみなさ …

no image

はるのたより

弘前やむつのほうで桜のニュースが出始めても、まだ咲かず、 少ししてから、佐井の桜が咲き始めます。 少し遅いんですね。 ほかにも春の風景を少し。