暮らし 漁業

佐井村ふるさと納税が「漁業振興」につながっています

投稿日:

最近なにかと話題の「ふるさと納税」
佐井村にも、昨年は300人近くの方に納税していただきました。
いろいろな返礼品がもらえたり、実質的な節税になるという側面が注目されがちですが、
原点は、その自治体を応援しよう、というのがふるさと納税です。
佐井村では、ふるさと納税がこのように役立てられています、というのをご紹介します。

この写真は、昨年操業を開始した、新しい水産会社・丸漁漁業部の水揚げです。




昨年、丸漁漁業部、坂井漁業部、海成漁業部と、3つの協業定置網の団体が発足し、
その操業開始にあたって、ふるさと納税が活用されたそうです。

ふるさと納税は、寄付をする人が、村に対して、使い道の希望を伝えることができます。
佐井村では、
 道路整備と通信体制の整備
 消防・防災体制の確立
 自然環境保全と景観保護
 水産業の安定と振興
 福祉保健医療の充実
 学校教育の充実と郷土文化の伝承
から選択できるようになっています。

このうち、「水産業の安定と振興」のために寄付されたお金が、
佐井村で取り組んでいる、定置網の協業化事業のための一部として使われました。

昨年秋から冬にかけては、特にカワハギが大漁となり、
浜の活気が感じられました。
そして、定置網を増やすにあたり、水揚げされる魚が増えると、魚を出荷するための設備や備品も必要となります。
それも、ふるさと納税を活用した事業の一環で整備されました。

写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、
魚や氷を入れるためのタンクです。
多くの魚が水揚げされたときに、大いに役立っています。

佐井村には、H28年もたくさんのご寄付をいただきました。

寄付されたお金は、まずはある程度の金額になるまで、基金として蓄えられるそうです。
少ない金額では、なかなか事業になりませんからね。
そして、寄付された趣旨にかなうような事業が実施されるときに、その財源として充当されます。
定置網協業化のように、ふるさと納税の財源だけではなく、いくつかの財源が組み合わせで使われる場合もあるそうです。

昨年は、教育目的での寄付が多数あり、H29年度には、教育環境の整備の事業にも使われる計画が立てられています。




-暮らし, 漁業
-,

執筆者:

関連記事

no image

海の記念日 磯谷地区の大漁祈願行事へ

毎年7月20日に行われる、海の記念日の大漁祈願。 佐井村内7漁港すべてでそれぞれ行事が行われるので、取材するほうも大変なのですが(笑)、 7漁港の中でも、私が一番楽しみに取材しているのが、「磯谷地区」 …

no image

限定のごちそう 早採りわかめの収穫

わかめのオーナーになって、育ったわかめを産地直送する「佐井村弁天わかめオーナー制度」。 オーナーの方限定の特典に、「早採りわかめ」があります。 2月の下旬に、その収穫が行われました。 2月は佐井の海は …

no image

最果ての漁業にチャンスがある

佐井村で、漁業後継者を探す事業が始まりました。 漁業への就業希望者に対し、技術指導や研修期間の生活費などを補助する事業。 その名も「漁師縁組事業」です。(初回募集 2016年3月11日まで) http …

no image

ド根性で奇跡が? 佐井村ド根性ホタテ

2015年4月、佐井村漁協の池田さんが、私に急に話を振ってくれました。 「いやあ、ホタテの養殖に成功しちゃったんだけど、どうしよう」 は? という感じでした。 佐井でホタテ養殖をしているという話も知ら …

no image

活〆神経抜きの取り組み 沖縄まで届く魚

佐井村では、魚の鮮度を長く維持する処理「活〆神経抜き」に取り組んでいます。 7月初旬、ちょうど神経抜きの処理をしているところに出くわして、 手伝った(宅急便の伝票を貼っただけ(笑))のでした。 エラを …