漁業

佐井村の高級ウニ 出荷の風景

投稿日:

佐井村といえば、ウニ。
ウニ漁は、4月から8月ごろまで行われ、
津軽海峡のおいしい海藻を食べて育ったおいしいウニが出荷されています。
佐井村漁協では、ウニは殻つきのままではなく、むき身で出荷されます。
ある日の漁協の風景・・・
IMGP4105.jpg
見事なA級の高級ウニですよ!


もう少し引いて、全景を写しましょう。
IMGP4103.jpg
こんな感じで、たくさんのウニが、並んでいます。
朝の6時~7時が、船が漁に出る時間。
そして、船が帰ってくると、漁師の家族も一緒に、ウニむきの作業をします。
昼前になると、ウニが漁協に集まり始め、
お昼頃に、入札です。
入札といても、ウニだけの入札の場合には、静かなものです。
ですが、いいウニを獲得するために、静かながら熱い闘いが繰り広げられているようです。
落札したウニは、近場であれば、持って帰る業者さんもいますが、
遠くであれば、発送されます。
IMGP4112.jpg
たくさんの高級なウニが箱詰めされるのは、なんか、意味もなくドキドキしますな。
おいしく使っていただきたいものです。



-漁業

執筆者:

関連記事

no image

青森県はヒラメ県!

5月後半~7月上旬の魚といえば、「ヒラメ」です。 というと、「え、ヒラメって冬じゃないの」とびっくりするんだそうです。 冬のヒラメは、寒ビラメと言って、脂がのっておいしいと言われますが、 津軽海峡では …

no image

怪奇な姿でおなじみ「ホヤ」がでてきてます

海のものは、やはり年によって獲れるものに違いがあり、 去年はあまり獲れなかったけど今年はよく獲れるなあ、というものも多くあります。 今年、多く出回っているのはこれ。 5月11日にアルサスであった直売の …

no image

歯ごたえが違うモズク 夏だけの「モズク採り」

昨年に引き続いて、7月末といえば、「モズク採り」。 資源保護のため、決められた日に全村一斉にもずくの採取を行います。 私は、長後地区から福浦地区にかけての長浜海岸で、モズク採取の様子を見学します。 長 …

no image

豊漁と安全を祈る海の記念日【佐井村原田地区】

7月20日は、「海の記念日」 祝日の海の日は月曜日になりましたが、佐井村では変わらず20日に行事が行われます。 佐井村の7つの漁港で、それぞれに大漁祈願、海上安全を祈願する行事です。 今年は、原田地区 …

no image

わかめの生育状況確認!

佐井村ではわかめの養殖を行っています。 そして、「わかめオーナー制度」も設けられており、 どなたでも、養殖わかめのオーナーになることができます。 http://saikanko.sakura.ne.j …

アピオス特設ページ
佐井村特産品通販 あおい環オンラインショップ

佐井村をふるさと納税で応援! ふるさとチョイス