農業

サル対策の秋 畑を電気柵で囲む

投稿日:

10月の最後の週、ズガガガガガという大きな音が、佐井村で響き渡ります。
道路工事をしているのかな、と思うと、そんな気配もなく、
音は畑のほうから聞こえてきます。
sarutai.jpg
近づいてみると、鳥獣害対策実施隊のみなさんが、うちあわせをしていました。
鳥獣害、佐井村でいちばんはやはり、ニホンザルの農業被害に、対策している皆さんです。
大きな音は、彼らが電気柵を設置している音でした。
触るとビリビリっときて、畑に入ろうとするサルが逃げていく、というものです。


近づいて、少し手伝わせてもらうことにしましょう。
電気柵にもいろいろなタイプがあって、金網型、ネット型、もっと簡単なタイプなど、様々です。
今回設置しているのは、ネット型。
まずは、支柱を立てます。
sarutai (1).JPG
これは、支柱を上からたたいているところ。
たたくといっても、手でたたいていたのでは入っていかないので、
機械を使って、上からたたく人、支える人、3人がかりです。
下にエンジンが置いてあって、ガソリンでパワフルに働きます。
大きな音の正体は、これでした。
現在は機械を使っていますが、少し前は、人力の道具を使っていました。
一回り小さい、畑の農作業で使う支柱を立てるときに、人力でやったことがありますが、
まあ疲れます。大変です。
支柱を立てたら、ネットを張っていきます。
sarutai (2).JPG
sarutai (3).JPG
上の写真は、農家の方と話をしているところ。
電気柵で囲った中の一部に、人間が通る入口を作るのですが、
その場所を、農家さんと話して調整しています。
今年の農業の時期は終わりますが、
また来年、春からばっちり稼働するように、準備万端。
今年張るネットは、全長1キロくらいだとか。
対策隊のみなさんのがんばりもあって、被害は減っています。
自然と共生できる暮らしを、続けていきたいものです。



-農業

執筆者:

関連記事

no image

咲き始めたアピオスの花と、ただの草取りの話

アピオスの栽培作業は地道に続いています。 農家の定義は面積と売上だそうですね。 今年は担当面積も縮小して、売り上げはもちろん今のところ微々たるものなので、あらゆる意味で農家の枠から外れてしまって、定義 …

no image

毎年繰り返されるただの草取りの話(アピオス)

アピオスの栽培をやっています。今年は去年より広く。 とにかく繰り返される作業はただの草取りです。 一心不乱に草を取る行為は、自分を無心にさせ、大変気持ちのよい作業 ・・・ だと思ったら大間違いです。 …

no image

アピオスの収穫でイモ掘りならぬイモ拾い

世界3大栄養野菜ということで、下北で一押しの農作物 アピオス。 このアピオスは、4月から5月ぐらいに植えて、10月後半から11月、地上部が枯れたら地下茎を収穫します。 12日の夜に農家の方にお会いした …

no image

「サルに食べられる体験失敗」

下北半島は、天然記念物の北限のニホンザルが生息しています。 しかし、このサルは、貴重なものであると同時に、人間にとっては農作物を荒らす害獣でもあります。 佐井村には600頭以上のサルが生息しており、年 …

no image

久しぶりアピオス畑の続き! 7月からお盆まで

アピオスの栽培をしております。 当初は、もうちょっとこまめに、情報を載せたりできるかなと思っていたのですが。 やってみたらなんか大変で、あれもこれもとできませんでした。 というわけで、ちょっとまとめて …

佐井村体験・宿泊申し込み
アピオス特設ページ
佐井村特産品通販 あおい環オンラインショップ

佐井村をふるさと納税で応援! ふるさとチョイス