漁業

青森県はヒラメ県!

投稿日:

5月後半~7月上旬の魚といえば、「ヒラメ」です。
というと、「え、ヒラメって冬じゃないの」とびっくりするんだそうです。
冬のヒラメは、寒ビラメと言って、脂がのっておいしいと言われますが、
津軽海峡では、産卵前の初夏も、漁師曰く、味は全く劣らないとのこと。
そして、需要と供給の関係で、値段は初夏がいちばん、お手頃なんですね。
オンラインショップを始めて、佐井村の鮮魚の取り扱いを、始めました。
http://saikanko.sakura.ne.jp/shop/products/list.php?category_id=15
それもあって、今回、ヒラメの漁を、見学に行くことになったんですよ。
6月のはじめ、見学するのは、牛滝漁港。
朝5時出航。牛滝まで家から1時間かかるので、4時前に出発。眠い。
坂井さんの船で、出発!
20.jpg
坂井さんは、家族で定置網漁を行っているほか、
昼間は観光船の運営等も行っています。


牛滝は、仏ヶ浦に近く、漁港のすぐそばまで、仏ヶ浦と同じ岩質の岩が連なっています。
そして、牛滝から少し南に行くと「焼山崎」という、赤茶けた迫力ある岩肌が現れます。
これは、おそらく火山岩中の鉄分が錆びて出たものでしょう。
2.jpg
焼山崎の勇壮な景色を眺めながら、定置網漁を行います。
写真だと魅力が半分も伝わりません。
青森~佐井の定期船「ポーラスター」でも、この景色が見れます。
この景色をじっくり見れただけでも、朝早起きして来た価値があります。
さて、網をあげていくところを拝見しましょう!
8.jpg
慣れた素早い手つきで、網の端の部分を船の機械に巻きつけ、さらに手でたぐって網をあげていきます。
9.jpg
網の大部分をあげると、魚が見えてきました!
跳ねているのは、ブリです。
大きなタモで上げていきます。
ブリ以外に、小さなカワハギなどがかかっています。
あと、クラゲですね。クラゲはお金になりませんが。
今日の僕のお目当てのヒラメはいるかな??
25.jpg
でかいヒラメがいました!
ゆうに70cmを超える大きなヒラメです。
ヒラメは、35cm未満のものは、資源保護のために放流される決まりになっています。
このヒラメがこの日いちばん大きかったですが、
他にも数枚ヒラメがかかり、
この日は、奥さん曰く「久しぶりの大漁」だったそうです。
2時間くらいの漁で、約10か所の網を上げ、牛滝港に帰ってきました。
DSC00340.jpg
船から魚を上げていきます。
ヒラメは、すぐには締めずに、水槽に入ります。
DSC00341.jpg
ヒラメは、よく暴れる魚なので、水槽で休ませます。
暴れて興奮した状態で締めると、うまみも少なくなってしまうそうです。
休ませることで、水揚げされた時にすぐ締めるよりも、おいしい状態で出荷されます。
佐井のヒラメは初夏がうまい!
オンラインショップでの取り扱いは、5月下旬から7月前半までとなっています。
http://saikanko.sakura.ne.jp/shop/products/list.php?category_id=15
再度宣伝でした~♪(笑)



-漁業

執筆者:

関連記事

no image

佐井村の高級ウニ 出荷の風景

佐井村といえば、ウニ。 ウニ漁は、4月から8月ごろまで行われ、 津軽海峡のおいしい海藻を食べて育ったおいしいウニが出荷されています。 佐井村漁協では、ウニは殻つきのままではなく、むき身で出荷されます。 …

no image

ド根性で奇跡が? 佐井村ド根性ホタテ

2015年4月、佐井村漁協の池田さんが、私に急に話を振ってくれました。 「いやあ、ホタテの養殖に成功しちゃったんだけど、どうしよう」 は? という感じでした。 佐井でホタテ養殖をしているという話も知ら …

no image

佐井村ふるさと納税が「漁業振興」につながっています

最近なにかと話題の「ふるさと納税」 佐井村にも、昨年は300人近くの方に納税していただきました。 いろいろな返礼品がもらえたり、実質的な節税になるという側面が注目されがちですが、 原点は、その自治体を …

no image

「採介漁業」の佐井村。今年最初のあわび獲り

佐井村は、青森県内で有数の「採介漁業」の村です。 採介漁業とは、箱めがねで海中をのぞいて、貝類などを採る漁業を言います。 もちろん、いちばんの売りは夏の「うに」ですが、冬場はあわび、なまこなどが中心に …

no image

歯ごたえが違うモズク 夏だけの「モズク採り」

昨年に引き続いて、7月末といえば、「モズク採り」。 資源保護のため、決められた日に全村一斉にもずくの採取を行います。 私は、長後地区から福浦地区にかけての長浜海岸で、モズク採取の様子を見学します。 長 …