自然

ここは名産地だから 名産「クマ」の話

投稿日:

命がけで仕事してます。
いや、まったくかけるつもりはないんですが、どうやったって畑の近くでクマが出るので、なんとなく恐いんですよね。
近くの茂みでかさっと音がした日には何が起こったのかと身構えざるを得ませんねえ。
タイトルなんですが、休憩のときに、いっしょにやっているおじいさんがいった言葉です。
「ここはクマの名産地なんだよ!」
とりあえず今のところ、全く得がないですねえ。
畑から200m、ハウスの横にはこんなものが設置されました。
DSC01373.JPG
これは


クマを捕まえるための罠ですね。
別角度から。
DSC01374.JPG
ドラム缶を基礎としたものです。
何日も連続してクマがハウスに侵入したらしく、設置されました。
ちょうどお盆に侵入されたので、なかなか打つ手がなかったそうです。
ハウスでは、試験栽培していたいちごが倒されたみたいです。
DSC01372.JPG
まあ、自分はクマに恨みはないので、とりあえず対策して、被害とかがなければいいんですが。
この近所の犬も怪我をさせられたようだし、なかなか折り合いが難しいものです。
畑を更に奥に、山に上がっていったら鉄塔(送電線のかな?)があるそうで、
その上から見ると、クマが5頭くらい見れるそうですね。
クマウォッチングでひともうけできませんかねえ。
命かけてると言ってる割には実にのんきでしょう。



-自然

執筆者:

関連記事

no image

サル調査に集まった人たちのパワーに感動

下北半島は、世界最北のサル生息地として、国の天然記念物に指定されています。 現在、下北半島全体で2400頭以上が生息しており、 貴重な野生動物として保護されると同時に、地域の農業に深刻な害を与える動物 …

no image

深い霧の立ち込める本州最北端をはしる

7月の初旬のある日ですが、深い霧がたちこめました。 霧が出るのは下北の北部ではよくあります。特にちょっと標高が高いところ、高いといっても海から100メートルかそこらなんですが、霧が濃くなります。 また …

no image

はるのたより

弘前やむつのほうで桜のニュースが出始めても、まだ咲かず、 少ししてから、佐井の桜が咲き始めます。 少し遅いんですね。 ほかにも春の風景を少し。

no image

下北半島のサル冬季調査そして申年は終わる

毎年、12月下旬のおよそ1週間、下北ではサルの冬季調査が行われます。 佐井村には、大学生10~20人、毎年来ている研究者の方、村内からは自分含め4人ほどがサルを調査します。 20年以上継続されている調 …

佐井村産アピオスの花摘み

8月6日、アピオスの花摘みのお手伝いをしてきました。 アピオスについては、こちらのページで紹介しています! →https://kurukuru-sai.com/apios/ 今年は、深刻な雨不足の影響 …

佐井村体験・宿泊申し込み
アピオス特設ページ
佐井村特産品通販 あおい環オンラインショップ

佐井村をふるさと納税で応援! ふるさとチョイス