暮らし

キトビロみそをたくさんいただきました

投稿日:

春の山菜といえば!
IMGP4085.jpg
これは、「キトビロ」ですね。
地方によって呼び方が違いますが、
一般的には、「行者にんにく」というかもしれません。
佐井村の山中にも多く生えており、4月ごろ多数収穫されて、直売所などに並びます。
そのまま食べてもおいしいですが、
定番の食べ方があります。


「キトビロみそ」です。
キトビロと味噌、そのほか調味料として砂糖や酒を入れて作ります。
家庭でも作られますし、直売所でも売られていたりします。
春の直売所の冷蔵庫は、バッケみそ(ふきのとうみそ)とキトビロみそが並ぶのが定番ですね。
佐井村の直売所は、佐井地区の「手づくりマート」と、牛滝地区の「牛滝まだぁーる」なのですが、
先日、牛滝に行った際に、いつもお世話になっている大畑さんから、自家製のキトビロミソをいただきました。
IMG_2614.jpg
写真がイマイチかもしれませんが、
ごはんにのせたキトビロみそです。
キトビロは、にんにくのような強い香りが特徴です。
なんというか、甘みがあって、くせになる味でした。
ごはんよりも、きゅうりとかにつけるのが、おいしかったな。
で、3日後ぐらいですが、佐井の別の人から、
「キトビロミソ食たことあるか?」
(下北弁では「食ったこと」→「食たこと」なので誤字ではないです)
と聞かれたわけです。
牛滝でもらって食べました!といったところ、
「牛滝でなく佐井のを食(か)ぁせ」
といってまたもらってしまいました。
どうやって食べるのが一番いいですかね~、と聞いたところ、
ごはんに載せるほかに、
「野菜につけて食べれば最高!」
「焼肉のときの味付けに欠かせないな」
といった答えが出てましたよ。
まだ佐井のをあまり食べてませんが・・・
それだけ定番なんですね。家ごとの味の違いも、楽しみたいと思います。



-暮らし

執筆者:

関連記事

no image

豊漁と安全を祈る海の記念日【佐井村原田地区】

7月20日は、「海の記念日」 祝日の海の日は月曜日になりましたが、佐井村では変わらず20日に行事が行われます。 佐井村の7つの漁港で、それぞれに大漁祈願、海上安全を祈願する行事です。 今年は、原田地区 …

漁師の村の「海の記念日行事」2018 長後地区

毎年7月20日は、「海の記念日」 以前は、海の日の祝日にもなっていましたが、祝日は月曜日に移動しましたね。それでも、漁師たちは、20日に記念日の行事を行います。 佐井村には7つの漁港があり、今回は、長 …

no image

「船は出るのか」ぼくたちの悩み

都会から佐井村に来るのにいちばん便利なのは、株式会社シィラインが運航する青森~脇野沢~佐井を結ぶ定期船「ポーラスター」です。 青森駅前から徒歩7分ほどの旅客船ターミナルから、佐井までを2時間半で結んで …

佐井村の拠点施設『アルサス』がリニューアル!飲食ブースで【絶品おにぎり】も!

佐井村の拠点施設、「津軽海峡文化館 アルサス」が2018年5月1日にリニューアル! エレベーターの設置やバリアフリー化などが行われ、使いやすくなりました。 リニューアルの様子を何回かに分けてご紹介しま …

no image

【佐井村への行き方】高速船ポーラスター

佐井村は、「全国でも有数のアクセスの悪さを誇る」村ですが、 県庁所在地の青森市から、船を使えば2時間半で来ることができます。 車だと3時間半はかかります。船、速い! ちなみに、青森から仙台まで新幹線で …